ページの本文です。

創立145年に當たって~ 學生の皆さまへ ~

2020年11月30日更新

 お茶の水女子大學は、2020年11月29日に創立145年を迎えました。皆さまもご存知のように、1875年11月29日にわが國初の女性のための官立の高等教育機関「東京女子師範學校」として、東京?御茶ノ水の地に開校され、その後、「女子高等師範學校」、「東京女子高等師範學校」の時代を経て、74年にわたって優れた女性教員を育成し、日本の女子教育を先導して來ましたが、第二次世界大戦後の1949年5月31日に、新制の総合大學「お茶の水女子大學」としての歩みを開始し、今に至っています。
 本學から巣立った卒業生たちは、女性の活動が制限されていた時代にあっても、學びへの強い意欲と社會に貢獻したいとの想いを持って、後に続く女性たちのために、活躍の機會と場を大きく広げて來てくれました。そして在學生たちは、學術?研究、教育、産業、行政など、多様な分野で活躍している卒業生たちを目標として、伸び伸びと學問?研究に勵んできました。
 5年前に、140周年記念行事を実施し、多くの方々とご一緒に、本學と世界の女性たちの將來に幸あれと願ったことを思い出しますが、あの時、現在の様な試練が待っていようとは、誰も予想できませんでした。これまでのような活動が制限されてしまって、思うに任せない狀況は、學生の皆さまにとっても、教職員たちにとっても、とても辛い狀況ではありますが、皆さまには、是非、卒業生や身近な先生方をロールモデルとして、様々な學びを楽しんで頂きたいと願っています。

 今、世界中の人々が、新型コロナウイルスの影響から逃れられない狀況が続いています。日本でも、連日、東京都で500人超、日本全體で2,500人超の感染者が出ていることが報告され、11月28日現在、日本での感染者數は累計14萬5,000人を超え、世界では6,200萬人を超える感染者が出ています。世界中で、醫療従事者や研究者たちが、日夜も問わず感染拡大を抑制するために奮闘していますが、その成果が出るのも、まだ時間が掛かりそうです。

 そんな中で、將來への不安に心を病むケースが増えていることが報告されています。お茶の水で學ぶ皆さまの中にも、ご自分の將來について、不安な気持ちを抱えていらっしゃる方も少なくないことでしょう。新型コロナウイルスの感染がなかなか沈靜化しないことから、人と接する機會が少なくなっていることも、不安な気持ちを増幅させる原因になっているのではないかと思います。
 どうか、心がざわついたり、不安な気持ちが大きくなったりしたら、自分だけで抱え込むことなく、身近な人たちや、大學の學生相談室?保健管理センターなどにご相談ください。そして、気持ちを打ち明けて頂きたいと思います。勿論、窓口以外の教職員も、喜んでご相談に応じます。お茶の水の教職員は、皆さま一人一人を大切に思っています。

 特に、新入生の皆さまは、まだ大學內に友人も少なく、教職員との関係も密接なものとなっていないでしょうから、中には、気持ちを打ち明けられずに一人で悩んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか。もし、気持ちが不安定であると思ったなら、ざわついた気持ちやもやもやした気持ちをそのままにしないで、出來るだけ早く、周囲に相談して頂きたいと思います。
 「不安はあるけれど、相談することがわからない」と考えていらっしゃる方は、是非、自分の気持ちを書き出してみてください。そうすれば、自分自身の心を客観視することができて、気持ちにゆとりが生まれることでしょう。そして、誰にどんなことを相談したら良いかということも、明確になるだろうと思います。

 昨年までは、授業のほかに、入學式、卒業式、様々な賞や奨學金の授與式、學生代表の方々との懇談會、徽音祭やオープンキャンパスなどでの意見交換、ボランティア活動など、學生の皆さまとお會いして、お話しする機會があったのですが、今年に入ってからは新型コロナウイルスのために、なかなか思うに任せません。もう少し様子を見て、そういった機會を作ることができればと望んでいます。

 なお、コロナ対策室等からのお知らせは、必ず、その都度目を通して、必要な対策を執って下さい。
 皆さまご自身と周囲の方々の心と體の健康を守りながら、一日一日を大切に過ごして頂きたくお願い致します。

2020年11月29日
室伏 きみ子

  •  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
007无暇赴死免费完整版在线观看-007无暇赴死在线高清