ページの本文です。

グローバル人材育成?男女共同參畫推進本部

グローバル人材育成?男女共同參畫推進本部本部長あいさつ

佐々木學長

お茶の水女子大學では、2004年の國立大學の法人化に際して、全國に先駆けて「女性支援室」を設置し、男女共同參畫の取り組みを開始しました。その後、2006年から2009年度に文部科學省特別教育研究経費による「女性リーダー育成プログラム」、また2006年から2008年度には文部科學省科學技術振興調整費による女性研究者支援事業「女性研究者に適合した雇用環境モデルの構築」にそれぞれ採択されて、女性リーダーの育成と女性研究者支援を二つの柱とする取り組みを進めてきました。 さらに、2011年4月に「男女共同參畫推進本部」を設置し、男女共同參畫への歩みを強化しました。現在は、國立大學法人機能強化促進分「グローバル女性リーダー育成のための國際的教育研究拠點形成」を得て男女共同參畫を推進しています。

「男女共同參畫推進本部」は、日本の女子教育を先導してきた本學が、男女共同參畫社會の実現を推進し、男女共に充実した生活?人生を送ることのできる社會環境を作ることをミッションとして、學長を本部長とし、教育研究評議會評議員全員を本部員とする全學體制によって運営されています。設置以來10年間、子育て中の女性研究者支援、學位取得後専任職を持たない女性研究者を支援する「みがかずば研究員制度」、また學內だけでなく広く日本の女性研究者を表彰する「お茶の水女子大學賞」など様々な女性研究者支援を行ってまいりました。

あらたな10年を迎えるにあたり、令和2年12月に閣議決定された第5次男女共同參畫基本計畫と呼応するように、男女にとどまらず年齢も、國籍も、性的指向?性自認に関すること等も含め、幅広く多様な人々を包摂し、全ての人が幸福を感じられる、インクルーシブな社會の実現に努めてまいります。

2021年4月
お茶の水女子大學長 佐々木 泰子

男女共同參畫推進本部組織規則

組織

本部長 學長
副本部長 副學長(男女共同參畫擔當)、副學長(教育擔當)、副學長(國際擔當)
本部員 理事、評議員

実施體制

グローバルリーダーシップ研究所
(舊リーダーシップ養成教育研究センター)

規則

國立大學法人お茶の水女子大學グローバル人材育成?男女共同參畫推進本部規則

男女共同參畫宣言

國立大學法人お茶の水女子大學男女共同參畫宣言

HTMLバージョン
PDFバージョン(PDF形式 168キロバイト)

これまでの取組

2014年度~2016年度 文部科學省 科學技術人材育成費補助事業 女性研究者支援モデル育成(連攜型)

2006年度~2008年度 文部科學省 科學技術振興調整費 女性研究者支援モデル育成事業  

女性研究者支援の取組(お茶の水女子大學賞)

リンク集

女性支援についてその他の情報

「男女共同參畫週間」(6月23日~29日)

行政機関関係(外部リンク)

007无暇赴死免费完整版在线观看-007无暇赴死在线高清